腸内環境が悪いとどうなる?

まあるい旬生酵素を飲まず腸内環境が悪いと?

 

腸内環境を整えることの重要性は、これまでもいろいろと指摘されていますが、個人的な体験も交えて、腸内環境が悪化すると、どのようになるのか、ご紹介します。

 

まず、便秘と下痢を繰り返しやすくなります。腸内細菌のバランスが崩れて、腸内の環境が悪くなると、整腸作用がなくなります。

 

そのため、糞便を形成するうえで、うまくいかないことから、便秘に傾いたり、逆に、下痢に傾いたりします。さらに、ガスも貯まり、臭いもきつくなります。

 

下痢になると、腹部不快感が出たり、腹痛が出現したり、脱水になったりして、ヘロヘロになってしまいますし、トイレ通いでも疲労困憊します。

 

その結果、気分もさえない状態になってしまいます。

 

逆に便秘になると、お腹が張って苦しいです。

 

見た目も、お腹がポコリと出てしまい、スカートやパンツを着用しても、やたらお腹が目立つことになります。

 

大腸で胃部が圧迫されるようになると、食欲もなくなってしまいます。

 

さらに、便秘が高じてくると、便が硬くなり、肛門疾患にもつながりやすくなります。

 

排便をするときに、力まないと出ませんから、その点でも肛門疾患へのリスクが高まります。

 

さらに、便秘が高じてくると、体内の不要な老廃物を外に排出することができませんので、皮膚が荒れてきます。吹き出物が出てしまいます。

 

そのような状態が長く続くことによって、精神的にも不快感を募らせることになります。

 

腹が張りすぎたり、気分が憂鬱になったりすることにより、不眠にさえ、なってしまうこともあります。

 

また、ガスが貯まると、お腹が張って苦しいだけではなく、ガスを我慢しないといけなかったり、いつガスが出るか、不安になってしまい、落ち着きさえもなくなります。

 

腸内環境が悪くなると、大腸がん発症のリスクが高まります。

 

大腸がんは、適切な排泄習慣を保つことが、予防の一つに結び付くことになりますので、腸内環境を整え、排便コントロールをすることが重要となってきます。

 

もちろん、それだけではありませんが。

 

このように、腸内環境が乱れるだけで、多くの身体的精神的なディメリットを生じることになります。

 

 

トップページへ戻る。

page top