ベルタこうじ生酵素サプリにも入っている乳酸菌の効果って

ベルタこうじ生酵素サプリにも入っている乳酸菌の効果って!?

 

人の腸内には無数の菌が棲んでおり、その内善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%の比率になっています。

 

日和見菌とは、悪玉菌でも善玉菌でもない中立している菌のことであり、どちらか多い方の菌を助ける働きをします。

 

つまり、日和見菌が良い働きをするかどうかは善玉菌次第です。

 

そこで、善玉菌を増やす効果のある「乳酸菌」を摂れば、日和見菌が善玉菌を助けるため、腸内環境が良くなります。

 

ベルタこうじ生酵素サプリにもたっぷり入っている乳酸菌の効果を確認していきます。

 

肌荒れは悪玉菌の影響

腸内環境が悪化して悪玉菌が増殖すると、悪玉菌からアンモニアや硫化水素などの有害物質が出されるようになります。

 

それらの有害物質が血液に吸収され、体全体に流れるようになると、その影響を最も受けるのが肌です。

 

肌荒れやしわは腸内環境の悪化が原因で起こる症状です。

 

また、腸には全身の免疫細胞の7割が存在しています。

 

腸内環境が悪化して免疫力が下がると、アトピーなどのアレルギーを発症したり、肌の炎症を起こしたりします。

 

死んだ乳酸菌が担う大きな役割

乳酸菌を摂取すれば、腸内環境が改善されます。

 

ただ、乳酸菌は酸や熱に弱い性質を抱えているため、折角摂取しても胃を通り過ぎる際にほとんどが死んでしまいます。

 

そうなると、乳酸菌を摂取しても意味がなくなりますが、実際はちゃんと役割を果たします。

 

実は、死んでしまった乳酸菌は腸にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助ける役割をしています。

 

さらに、腸内の免疫細胞を刺激し、免疫力を増強させる効果も発揮します。

 

つまり、乳酸菌は死んだ後でも、腸内で重要な役目を果たしています。

 

また、加熱殺菌を施して品質が一定となった死んだ乳酸菌は安定した原料となり、様々な食品に使うことができるようになります。

 

生きている乳酸菌に比べて食品に配合しやすいため、応用が利きます。

 

従って、生存菌よりも死菌の方が圧倒的に食品の中に多く含まれています。

 

乳酸菌は生きていても死んでいても、腸の健康に貢献しています。

 

細菌が働かない環境を作る乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を善玉菌の働きやすい弱酸性に保ちます。

 

そして、外部から侵入してくる細菌はアルカリ性を好むため、腸内が弱酸性になっていると活動が鈍ります。

 

つまり、乳酸菌によって腸内環境を健康に保つことが、外敵から人の身体の健康を守ることに繋がります。

 

なお、乳酸菌は腸内環境が改善するだけではなく、尿酸値を高めるプリン体を分解したり、内臓脂肪の基になるコレステロールを減少させたりする効能もあります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ベルタこうじ生酵素サプリには乳酸菌が100億個も配合されていますが、身体の調子が悪い場合は乳酸菌不足を疑った方がいいかもしれませんね。

 

 

トップページへ戻る。

page top