実は知らない生酵素のすごさって!?

実はよく知らない生酵素のすごさ!?

 

最近、消化が悪いだとか、大して食べていないのに太りがちだ、と感じるようになったら、「生酵素」が不足している可能性があります。酵素とは、体の中で作られるタンパク質の一種のことです。

 

生酵素の働き

人間は生きていく上で常にエネルギーを消費しています。それが基礎代謝です。脂質や糖質をエネルギーに変換するのが基礎代謝であり、基礎代謝を促進する役割をするのが酵素です。従って、酵素が不足すると脂質や糖質が消費されなくなり、必然的に体内に蓄積されて肥満に繋がります。

 

酵素は食べ物の消化・吸収の促進とともに、吸収された栄養素を細胞に送ってエネルギーに変換させる代謝の補助という2つの働きをしています。ただ、体内で生成される酵素の総量は限られており、過食などで酵素が消化活動に多く取られると、代謝に回る酵素が減るため、脂質や糖質が消費できなくなります。

 

生酵素の減少

酵素は加齢とともに体内における生成量が減少します。また、不規則な食生活や心身のストレスも生成に悪影響をもたらします。従って、外から不足している量を補充することが必要になります。

 

外からの生酵素の摂取

生酵素は野菜やフルーツに多く含まれていますが、デメリットは熱に弱いことです。そのため、加熱処理をすると、成分の多くが壊れてしまいます。従って、できる限り生のままの状態で摂取することが大切です。

 

野菜ならサラダとして食し、果物はそのまま食べるか、ジュースにして飲むのが理想的です。なお、近年は生酵素を含んだサプリメントが多く販売されているので、それで補充することも有効です。

 

ダイエットにつながる生酵素の摂取

生酵素を補うことで酵素の量が満たされれば、基礎代謝が促進され、糖質や脂質が細胞に蓄積されることが無くなります。結果として、肥満を防いでダイエットに繋がります。ただし、生酵素を摂取したからといって全く体を動かさなければ、エネルギーが消費されないため、酵素の代謝の働きが弱まります。新陳代謝を促進するためには、適度な運動は欠かせません。

 

 

トップページへ戻る。


page top